Home > 導入事例

導入事例

地域のイベントやお知らせに大活躍

地域のイベントや交流は今では重要な交流の場です。
回覧や等では読まずに回してしまう可能性があります。
重要な事はやはり相手に見せるのではなく聞かせる事が一番効果があります。

現在では過疎化が進み1人暮らしのお年寄りも多い事かと思います。
中でも問題なのがお年寄りの孤独死です。1人暮らしだから気づいてくれる人もいず、まわりとの交流も少なくなっているのが現状です。

だからこそ地域で交流の場を積極的に設け参加してもらえる仕組みが必要になっています。
そんな時に力を発揮するのは回覧版ではなくコミュニティ無線です。

コミュニティ無線なら各家庭に受信機を置く事で大事なお知らせを聞く事が出来、録音機能があるので聞き逃す心配もありません。
またコミュニティミニ(送信機)も併用することで1人暮らしのお年寄りの緊急時にはボタン一つで近くの人に助けを求められます

こうすることで地域の繋がりは強くなり個々の繋がりや交流を深め助け合いの地域が出来ます。

防災無線との連動

より正確な情報をいち早く正確に放送出来ます。

防災無線を受信することで人命にかかわるような大規模災害などの情報を正確にしかもいち早く放送出来ます。

コミュニティ無線を使って緊急放送するのはいいけどそんな災害時に誰が放送するの?

確かに大規模な災害や緊急連絡をするの簡単に出来ますが放送してくれる人がいなければ役に立ちません。
町内で決めたはいいけど役目を担った人もまさに緊急時には被災者になっています。それではとても放送なんて出来ません。

そこでコミュニティ無線に区市町村が運営している防災無線を受信することで大規模災害発生時の避難勧告、避難命令などの告知
を素早く放送する事が可能です。

こうすることで自分たちで出来ない緊急時の放送も心配することなく情報発信されます。

Home > 防災無線との連動

Return to page top